a dopester of TEMPLE

buddhamidaの百寺巡礼
映画・音楽情報・・・日記ブログになってる
<< 一神教と多神教 | main | rawlifeお疲れ様でした^^ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2005.12.02 Friday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
九品来迎印
阿弥陀如来特有の印相(手の形)で「クホンライゴウイン」と読みます。
阿弥陀如来は臨終の際、極楽浄土から迎えにくる際(来迎といいます)、生きていた時の信仰心や行為の善悪の違いによって,往生(おうじょう)を九つの段階に分け、その人にふさわしい印を表します。

印は,上品上生から下品下生まで、品(ほん,ぼん)と生(しょう)という二つのグループに大きく分けられ、それぞれが「上・中・下」にさらに分かれます。
まず輪を作っている指が人指し指と親指なら上品、中指なら中品、薬指なら下品となります。そして画像の通り、手の位置で上生、中生、下生。
このうち、上品上生印を弥陀定印(みだじょういん,禅定印)と、上品下生印を来迎印(らいごういん,らいこういん)といい、わたしたちが普通よく目にする阿弥陀如来像は殆どがこの二つになります。
またね極楽浄土から阿弥陀如来が迎えに来る様子を描いた仏画を「来迎図(九品来迎図)」といいます。
【2004.09.10 Friday 17:00】 author : buddhamida | 寺ウンチク | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2005.12.02 Friday 17:00】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://buddhamida.jugem.jp/trackback/24
トラックバック
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP